肌を休ませる時間を設けてみよう

●スキンケアは最低限のものにする

・洗顔の仕方を考えよう

30歳を過ぎると急激に肌の老化現象が目に見えて分かるようになってくるものです。化粧のノリが悪くなったり、肌荒れしたりといったことがあります。かくいう私も一時期、とても悩まされたものです。

とにかく市販のスキンケア商品を片っ端から使ってみたのですが、肌に合わないものを使ってしまうとかえって肌荒れがひどくなってしまいます。

オールインワンジェルの通販商品のシズカゲルとか使ってみましたが、それも肌に合いませんでした。高級な商品でも合う人もいれば合わない人もいるのです。

そこで、スキンケア商品は最低限のものだけ使うことに決めました。洗顔後には化粧水、乳液だけというようにしたのです。洗顔の仕方も今一度、考え直してみることにしました。

洗顔は洗顔フォームだけを使います。朝は水、夜はぬるま湯で洗うことにしたのです。夜にぬるま湯というのはメイク落としもかねているからです。こんなふうに簡易的な方法を試してみたところ、なんとなく肌の調子が良くなってきたように思えました。

・ノーメイクの時間を作ろう

仕事をしている人はどうしてもメイクをする機会が増えてしまうものです。しかし、メイクは肌へのダメージにつながってしまいます。そこで私はノーメイクの時間を作ることに意識するようになりました。

休日はすっぴんで過ごします。ちょっとコンビニに行く程度ならメイクをしません。休日は週に2回あるという人なら、2日間、ノーメイクで過ごすわけです。そうすると肌が落ち着いてくることでしょう。

こんなふうに無駄なスキンケア商品を使うことなく、肌を休ませるようにしたら、肌荒れがなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*